糸巻きは、どれが良いでしょう?微調整にはアジャスターを!

糸巻きの役割
弦を張るためと音のチューニングをするための部品です。材質は、金属製と木製があります。

金属製の糸巻き
金属製は、ねじ式になっているので、チューニングしやすい反面、ねじが緩みやすく、特に演奏中に弦を強く押さえると、弦が下がり、音が外れることが多くあります。また、数年使用すると、ねじが甘くなり、メンテナンスが難しくなります。音を出したときに、振動が金属部分まで伝わり、音に悪影響を及ぼします。

木製の糸巻き
木製は棹にしっかりと差し込まれ出いるため、微妙なチューニングが難しいのですが、一度音の調整が出来るとその状態を保つことが出来ます。
名師堂オリジナルアジャスター
微調整するには、アジャスターを弦に取り付けると容易です。名師堂のオリジナルアジャスターは、コンパクトで、ねじも回しやすくおすすめです。是非お試しください。

駒の選び方・正しい位置・控制綿とは?

蛇皮とぴったりの相性の良い駒を選びましょう

駒は小さいものですが、音色、音質、音量に大きな影響を及ぼすので、駒の選択と使用はとても大切です。
日本で販売されている駒の素材は、よく紫檀・黒檀と示されていますが、実は、このような硬く密度の高い材質は、駒には向きません。なぜなら、弦の振動が蛇皮に伝わるのが遅いため、音の反応が遅く、音量も小さく澄んだ音が出ないからです。
充分に弾き込んだ古い二胡や、締まりのない響きが広がってしまう二胡には、音をまとめるため、紫檀・黒檀の駒が良いかもしれませんが、現在、普通に皆さんがお持ちになっている二胡には紫檀・黒檀駒の使用は向きません。
ではどんな素材の駒が良いでしょうか?

バイオリンやチェロの駒と同様に「楓」の材質一番が良いのですが、二胡の場合はそのままではなく、一度油で揚げるのです。すると、楓は縮み、密度が高くなります。とはいっても、硬さ・密度が紫檀や黒檀程にはならないので、二胡に最も適した音作りが出来る素材となります。
この駒は、中国二胡王と呼ばれているの王瑞泉先生の発明研究によるもので、中国全土で使用されています。中国語で[色木油煎駒]と言います。
色木油煎駒

駒の選び方

見た目では、ほとんど同じに見えるので、選択は大変難しいです。一番ベストな方法としては、お店で買って帰るのではなく、自分の二胡をお店に持って行き、実際に駒をセットして、弾き、耳で音の違いを確かめるのが一番良いと思います。
地域的な事情で、駒を選びに行くことが出来ない場合は、名師堂にお任せください。

駒を置く正しい位置

蛇皮の中央部に置いてください。中央部より高すぎたり、低すぎたりすると、音色・音質・音量に悪い影響を及ぼします。

良い音が出せたなら、駒の移動は避けましょう。長く同じ位置に置いておくと、更にきれいな音になります。よく動かすと音は、悪くなります。
駒に伝わる振動を蛇皮に伝えて、音が胴から出るのです。長く同じ位置に駒を置くことで蛇皮に駒が馴染んで、同化するのです。教室によっては、蛇皮を守るために、二胡を弾かないときに駒を上方へ移動させると、教える先生もいますが、逆に、駒を蛇皮の上を滑らせて移動する事で蛇皮を傷つけることになります。是非、止めましょう。

そこで蛇の皮を守るのであれば、名師堂の弱音器を使ってください。
名師堂へ

駒の修正の仕方

駒についてる溝が狭すぎると、弓が両弦に当たりやすいので、ノイズの原因になります。カッターナイフで広めの溝を作ってみてください。広すぎてもだめですよ。

控制綿について

控制綿は、副駒とも言います。弦と蛇皮の間で、駒の下方にセットします。役割は二胡のノイズをなくすためです。
一般的に調整していない二胡には、スポンジがセットされていることがほとんどです。ただ、スポンジは、乾燥に弱く、すぐ硬くなり砕けてしまいます。

名師堂オリジナル控制綿は、フェルトを芯にして、柔らかいビロードを三重に折って、作っています。サイズは3cm×2.5cm

置く位置は、駒の下にぴったりに控制綿をセットすると、音量が小さく、ノイズが少なくなり、駒と離してセットすると、音量は大きくなりますが、ノイズが出ます。自分の耳で聴いて好みの音に調整してください。

新品二胡に調整が必要なわけ。千斤のつけかえ

なぜ新品二胡は調整しなければならないのでしょう?

二胡が製作工房、工場から出荷される状態についての実際の話をしましょう。
中国の二胡製作の現場は、高い二胡も安い二胡も実は、最低限の部品をセットしているのです。つまり、弦も、駒も、控制綿、千斤など全て安い材料のものを使っているのです。一流職人さんの製作二胡も驚くことに、同様なのです。
調整される前の二胡は、持ち味が70%の音色しか出せません。あとの30%は、奏者本人による調整如何ということになるのです。私の教室に持ち込まれた問題二胡は、全てが悪いおみやげ二胡ではありません。ただ調整されていないというだけの理由でノイズが多く、音程が不安定で、響きがなく、二胡本来の音色が出ていませんでした。このような二胡は調整すると、そこそこ納得いく音色だったり、持ち主が感動される程良い音になったり、変わるのです。
中国でも楽器屋さん販売している二胡は調整済ではありません。奏者が、自分の好む音色に、調整していくのが、当たり前のことなのです。
例えば、生徒の新品二胡は、先生が調整してくださるのが普通です。二胡暦を積めば、自分で試しながら、そこそこ調整できるようになり、それが成功する時もあり、失敗して先生にみてもらうこともあります。

二胡の調整とは、どんな事をするの?

調整は次のような事が必要です。
千斤のつけかえ、弦をはずし、良い弦に張り換える。
ヘビ皮と相性の良い駒を選び、控制綿のスポンジが乾燥しやすいので、自分でビロードから作る。
以上の工夫がうまく出来ると、100%の二胡の音色が出るのです。

具体的なやり方

1.まず二胡の弦をはずして、千斤を変えましょう。
一般的に新品二胡は糸千斤がセットされています。

糸千斤は弦を棹に引き寄せる力が充分ではありませんので、永年使用すると切れることが多々あります。
音程が不安定で弦を左手で押さえる時、知らないうちに、位置がずれてしまうことがあります。
擦弦する時、千斤をしっかり固定してないので、音のノイズが多く、音の響きにも悪い影響があります。

2.金属の北京式千斤も換えたほうが良いと思います。

材質から見ると、金属千斤は、弦を棹に引き寄せる力が充分あります。永年使用も大丈夫だと思いますが、ただ、弦も金属なので、千斤の金属部分と接すると、どんな音が出るか、皆さんも分かりますね。
音色は金属的な音色で、ノイズが出ます。いわゆる二胡の深い音色になりません。

私のお勧めの固定千斤を使ってみましょう。
名師堂オリジナル固定千斤は、プラスチック製又は、水牛の角で出来たものです。
名師堂千斤
名師堂水牛千斤

プラスチックと水牛の角材質は硬質で、弦を棹に引き寄せる力が充分あり、永年使っても切れる事がなく変形せず、テグスで留めているので棹に傷をつける事もありません。
テグスで結びつけるのは少し難しいのですが、いったん装着すると、棹と千斤はしっかりと固定され、演奏中にずれて、音程が不安定になることがありません。
美しい音色を出すために、金属の弦と硬質千斤が直接触れないようにゴムを噛ませます。ノイズもなく澄んだ音がよく響きます。ゴムは年に一度新しいものに入れ換えが必要です。

二胡の音程が不安定で、ノイズが多くて、困っている方、是非一度試してください。
【追加情報】
まず自分に合った千斤の位置を決めましょう

左手の肘を二胡の胴の上に置き、棹に手を沿わせ指を真っ直ぐに伸ばし、中指の付け根から小指の付け根の範囲が千斤をつける位置になります。

二胡入門時に重要視していること

皆さん、二胡を初めて習おうとする時どんなとこを教室に望んでいますか?
音を出せて、まずは簡単な曲が弾けたらいいナ…と思っておられるのではないでしょうか?
ところが、初めがとても大切なのです。初めて二胡の持ち方、弓の持ち方、弓の動かし方などを学習するわけですが、この時、正しい方法を身につけなければ、何年二胡を習っても上達できず、壁につき当たるのです。ですから、入門時こそ正しい技術の指導を受けることが重要です。建築と同じように基礎がしっかりしていなければ、上に何階も積み上げることは出来ません。私は基礎練習を大切にきちんと指導していると、評価いただいてます。生徒さん達が、確実に上達し、ずっと二胡を弾き続けてほしいので、特に基礎をを大切にしているのです。
入門時 上達のコツ

1.体に力を入れないで、リラックスすることが大切。肩、腕、手首、指が固くなりがちですが、緊張することが上達の道を妨ぐ原因です。
2.正しい弓の持ち方は、上達への第一歩。
悪い例

弓をしっかり握るように固定して持ってしまうと、弓を自由に動かせません。
お箸を持つように、しっかり持っていても、自在にあやつる事が出来るような持ち方をしましょう。

正しい例

3.正しい弓の動かし方をすると、美しい音色を出せます。弓の根元から、弓先まで長く使うことが弓の動かし方の基本です。
弓を上下にぶらさず、なめらかに水平移動させる練習が必要です。弓を胴の上に安定させ、重心を自然に下方に置き、擦弦することが大事。
<弓の動かし方の手首の写真>

ダウン.-ボウ(例)

アップ.ボウ(例)

弓を擦弦する時、速度と圧のバランスを取ることが重要です。速度が速い時は、圧は強めに、速度が遅い時は、圧を緩めにすると、ノイズが少ない綺麗な音になります。

4.左手でポジションを正しく押さえ、その位置に慣れ覚えること。正しい音程が取れると、メロディーがはっきりします。

5.楽しく二胡の練習をするためには、確かな二胡が必要です。変なおみやげ二胡ではなく、良い練習二胡と出会うことも大切です。
おみやげ二胡で練習をはじめた生徒さんの話しですが、あまりにノイズが多いので、「二胡のケースを開けるだけで、ペットの猫が逃げ出した。」「練習を始めると家族に迷惑がられる。」「音が悪くて自分でもイヤになってしまう。」といった事をお聞きしました。
名師堂は安価な練習二胡も扱っています。私がプロデュースして、一流二胡製作職人の工房でオーダーし、私が一本ずつ調整しています。ほとんどノイズがありません。
練習用としても、美しい音色が楽しめます。まだお持ちでない方、是非お勧めします。お気に召さなければ、返品も可能です。

現在売られている二胡について、ご注意!

大量生産のおみやげ二胡から、ビニールの偽皮、本皮でもニシキヘビではないもの、そして、うその作家名が彫られているもの、中国の有名な奏者のサイン入りなど、危険な二胡が沢山出回っている現状があります。価額での判断も難しく怪しい二胡が一杯です。これから、二胡を購入する方、自分の二胡の音に疑問のある方、二胡ステーションで解決しましょう。
二胡の種類をご存知ですか?
中国二胡は、大きく分けて、三種類あります。

蘇州二胡 (そしゅうにこ)

スタイルは:胴は六角形で裏側に透かし彫の花窓があり、胴敷は底を包むように固定されています。
二胡製作の原点は蘇州です。16世紀蘇州の手工芸品の発展のため、民族楽器の製作も盛んでした。二胡は蘇州の名物として、全土に知られています。
伝統的な哀愁を帯びた深い音色が特徴で、中国のプロの演奏家たちに愛用され、戦前から日本人に好まれた音色の二胡です。私自身も愛用していて、お勧めします。

北京二胡(ぺきんにこ)

スタイルは:基本的に胴の正面は八角形、裏側は円形。窓は周囲に沿って透かし彫りの縁取りで中央は空いています。胴の中に竹の円筒が入れてあるものもあり、高音部を際立たせる為のスピーカーの役割を担っています。胴敷は底の部分に板状につけられています。
今から100年前、蘇州の職人さんが北京に呼ばれ、二胡の製作が始まりました。文化大革命の時代、露天演奏が多かったので、六角形二胡の音量では小さすぎて、革命の時代の合わないため、1975年に八角形に改造され、胴のスピーカーから音量が大きく、音の反応が敏感なバイオリンの音色に近づくように、製作されました。
現在の日本でもたくさん流通しています。日本人の好みとは違った音色で、日本の多湿な気候にもあっていません。求めたお客さんたちは、胴からのストレートな音量をコントロールが出来ず、ショックを受けた人が多いようで、よく相談を受けます。理想的な音づくりができません。1992年から、台湾・シンガポールでは、北京八角形二胡を輸入していましたが3年後の1995年には売れなくなった為、楽器市場から消えました。私自身も、扱う気にはなりませんでした。

上海二胡(しゃんはいにこ)

スタイルは:六角形で裏窓に透かし彫りの花窓があり、蘇州二胡に比べて細かく彫られています。琴首のカーブは緩やかで棹と糸巻きは細めで胴敷は底を包むように固定されています。
中国最大の民族楽器工場で大量に機械で生産するため、音色に個性がありません。ほとんどが、おみやげ二胡です。しかし上海二胡の製作第一人者王根興先生の二胡は、とても素晴らしいものです。18年前、私が、音大卒業の時は、王先生が作られた二胡で卒業コンサートにいどみました。
現在は御高齢のため仕事を辞め、ご自宅で月に数本、プロの演奏家の特別オーダーしか受けておられません。しかし、日本で沢山売られているのはなぜ?? 偽物です。王根興先生から中国で偽物が多く売られている事を聞きました、ご本人も立腹しておられます。

王根興さんと私(右)

締めくくり
皆さん!二胡の良し悪し、本物か偽物かなどは、ちょっと見た程度では判断できません。特に初心者の場合はとても難しいです。購入時は、よく調べてください。信用と安心の店で、ご自分の好む音色の二胡を選びましょう。(曽朴)

自分に合った弓を選びましょう

弓の重要性
奏者にとって、弓は二胡同様とても大切なものです。弓は持つ手の感覚を通して、音楽の様々な表現を作り出す根源となる道具です。
自分に合った良い弓に出会うと、腕に負担をかける事なく、気持ち良く思った通りの音が出せ、表現したい通りの演奏が出来ます。

自分に合った弓の条件とは?

弓の長さ、重さ、弾性、竹の湾曲の形、竹の品質、手元の握り部分の作りなどが全て会うと、バッチリです。

例えば、身長が低い方は、長い高級弓を持つと、重く、長すぎて、弓の良さを充分に発揮する事さえ出来ません。
また、長身の方が短い弓を持つと、軽すぎるため、音も軽い音になり、曲の表現が思い通りに出せません。
多くの人は、長い弓が良いと思っているようですが、長さではなく、弓のバランスと、自分に合った弓こそが大切なのです。

参考
弓の長さの特徴:プロ用の標準サイズは82cm、快弓、慢弓など全て対応できる理想的な長さです。
82cm以上になると、普通のケースには入れません、弓が長すぎで、弾性が弱く、リズムのゆっくりな曲に向きます
90cmになると、二胡暦がかなり長く、加えて身長の高い方しか使いこなせません。