二胡大量入荷!!

こんにちは、二胡専門店名師堂東京店の古森です。

正月以来、練習用二胡と老紅木二胡が品切れ状態で二胡の陳列棚がガラ隙でしたが、中国から神戸港に荷揚げされた二胡が無事通関を終えて東京店にも入荷いたしました。ですから二階のレッスン場の後方は梱包されている二胡でいっぱいです。早速、予約注文を頂いているユーザー様のお手元にお届けすべく、千斤を装着して駒と弦を張ったり、そして最後は曽朴老師に一把(本)一把(本)丹念に二胡の音の状態を調整してもらい、発送の荷造りやら陳列やらで大忙しです。

ところで、今回から入荷する二胡には「二胡収蔵証」が無いのです。

そうなんです。今年の2010年モデルから名師堂オリジナル二胡には「二胡収蔵証」は必要ないのです。当然、今回入荷した二胡の琴皮にも野生ニシキヘビの皮を使用してはっていますから、中国の工房から日本国内に送られる際にはCITESを付けて税関の正規の手続きを経ています。

その証拠に琴筒の花窓を覗くと、それぞれの名師堂オリジナル二胡の琴杆にはシリアルナンバーが付けられているのを見てとることができます。 それと以前は琴筒に中国工房の名師職人さんのお名前がありましたが、その代わりに「名師堂」のロゴを記しています。

何故そのようにしたのか? それは名師堂はもともと二胡専門店として守るべきポリシーを大切に守ってきましたし、これからも守り続けていくからです。ですから中国二胡専門店「名師堂」の商標を登録したことを機会に、よりいっそうユーザー様が安心して確かな二胡を購入していただけるよう中国二胡専門店名師堂の責任と信頼の証を見える形にいたしました。

具体的に申しますと。「名師堂」のロゴを記すオリジナル二胡は、材料の吟味から製作過程の条件に関して曽朴老師が示した基準を満たす二胡を作っていただくよう中国の工房に特別の製作を依頼しています。ですから工房の職人さんの名前を記していなくても名師堂オリジナル二胡は楽器として本来あるべき品質を二胡専門店名師堂自らが保証いたしますし、商品に関する一切の責任も負います。また、購入後のメンテナンスも中国二胡専門店名師堂自身が保証をいたします。

さらには、音質に関して曽朴老師自らが丹念に調整してからでなければ商品棚に陳列したり、ご注文を頂いたユーザー様にお届けしたりはいたしません。

ですから、何の責任も保証の担保にもならない工房の職人さんの名前をはずし、「名師堂」のロゴを二胡の琴筒に記することにいたしました。

因みに、私の所有する紅木二胡には中国二胡製作コンテスト優勝者の名前が刻まれていたりしますが、内弦と外弦の音のバランスが悪く、名師堂オリジナル練習用二胡の倍の価格で購入いたしましたが、音質は名師堂オリジナル練習用二胡の半値でございます。なのに購入したお店のその後のメンテナンスはございません。

はじめまして  名師堂東京店の古森と申します。

どうぞよろしくお付き合いください。

はじめまして

こんにちは、名師堂東京店の古森と申します。

リニューアルオープンしました二胡ステーションを担当することとなりましたので、皆さんどうぞよろしくお付き合いください。

わたくし、大阪生まれの大阪育ち、趣味で始めた二胡ですが、ご縁あって昨年9月から名師堂東京店にて二胡の販売に携わらせていただいております。

大阪で育ちはしましたが、わたくしのしゃべくりは全くダメでありまして、サービストークができませんし、二胡もまあまあ弾けるかなぁ程度の技量でしかありません。強いて性分が二胡の販売員に向いているとすれば、お店を訪れになられたお客様と二胡に関するお話ができることが楽しいなぁということでしょうか。

と、言うことで、お店で体験したことや我が曽朴老師のこと、中国(大連)留学のことなどなど、わたくしが知り得たことを、今後、二胡ステーションでご紹介してまいりたいと思います。

ところで、わたくし自慢ではありませんが、二胡を6把(本)所有しております。

通信販売で購入した紫檀と紅木の2把、琴軸が金属製と木製の黒檀各1把と、名師堂オリジナルの紫檀二胡1把と老紅木低音二胡の1把の合計で6把です。

わたくし、二胡コレクターでもショッピング依存症でもありませんから、差し詰め大阪人の会話であれば「そんな、おんなじもんばっかり買うて、あんたあほちゃう?」というところでしょうか。

まぁ、一人で一度に2把も3把も二胡を弾く器用なことはできませんから。

わたくしの所有する二胡には、全て琴胴に製作者名が刻まれておりますし、「中国音楽家協会二胡学会推薦」なる二胡もございまして、お土産物ではないれっきとした楽器を購入したつもりです。

二胡が購入できるショップをネットで丹念に検索しながら、二胡の素材や製造地で異なる二胡の特徴などそれなりの知識を仕入れてはこれと思う楽器を購入したつもりですし、二胡の手ほどきは独学で始めましたので、通信教育やら殆どの二胡教本やCD・DVDを買い漁りました。

その結果を総括しますと、二胡の音出しに肝心な上体をリラックスさせること(よく肩コリでエアーサロンパスのお世話になりました。)や、運弓(ボーイング)での肩、ひじ、右手首の使い方、外弦と内弦の微妙な指使いの違いが理解できるまで迷路にはまり(内弦を弾くときに弓の軸で外弦も鳴らすというハーモニックス?)、弓を買い替えては思考錯誤しながら、ようやくG調第1ポジションの楽曲が弾けるまでに一年半ほどの時間を費やしました(それでも曽朴老師に入門する際には二胡の音が出せていないとダメ出しされて、一から「Basic of 二胡」つまりは、右腕の運弓からやり直しです。)。

で、肝心な二胡はと言えば、購入の都度、千斤・駒・フェルトを取っかえ引っかえ、あるいは琴皮をマッサージして自分なりに改良を加えてもしっくりしない二胡、つまりは外弦と内弦の開放弦の音が微妙に異なるバランスの悪い紅木二胡、運弓が難しくて音色が軽薄な紫檀と、高音部分が金属的で耳障りな黒檀を購入してしまいましたというところです。

今、とても残念で悔しく思っていることは、もっと早く名師堂(当時は神戸店のみでした)を探し当てて、曽朴老師に出会いたかったという思いです。

であれば、二胡購入の失敗を繰り返すこともなく、今ではもう入手することが叶わない王瑞泉さんの二胡を購入することができたかもしれませんし、曽朴老師の指導と弾きやすいやさしい二胡で、比較的短期間のうちに二胡技術の腕をあげていたかも?という、ある種の自責の念が今でも湧いてきます。

二胡のフィッティング

二胡のご購入で名師堂にご来店くださるお客様には、わたくしのような度重なる失敗を経験されないよう、ご購入予算を考慮することもさることながら、ご購入される方と二胡の双方の個性が合っているもの、相性のよいものをご購入いただけるよう心掛けております。

すでに二胡をお持ちで演奏経験のある方はご自身で試奏していただいて、数ある中からお好みのお音色を出してくれる二胡をお選びいただくのは当然ですが、特に、二胡を初めて購入される入門者の方であれば、先ず、その方にとって弾きやすくやさしい二胡であるかどうかを見極めるように努めております。

(例え音色がよくても、相性の合っていない難しい二胡は、入門者の方にとって演奏技術を習得する上での妨げとなる場合があり得ると考えております。)

もちろん、名師堂オリジナル二胡は全て、曽朴老師がひとつひとつ丹念に調整し、専門店として確かな楽器を揃えております。

次回は、お客様が二胡をご購入される際に、わたくしが心掛けていること⇒「弾きやすくやさしい二胡」のお話をしたいと思います。

2008二胡フェスティバル 整理券はもうありません

規定枚数の配布が終了いたしました。
たくさんのご応募有り難うございました。
整理券をお持ちの方は、返信メールでお送りした整理券番号をご記入の上、当日、受付でチケットとひきかえてお入り下さい。

2008年二胡フェスティバル(入場無料)

今年は、兵庫県西宮にある、兵庫県立芸術文化センターで開催いたします。
9月7日(日)2時~
入場整理券は、二胡スクールのお問い合せフォームからお申し込み下さい。
二胡発表会 二胡フェスティバル 二胡スクール

1.二胡スクールの「お問い合わせフォーム」からお申し込み下さい。
お名前、メールアドレス、お問い合せ欄に、ご住所、電話番号をご記入の上、 「二胡フェスティバル整理券希望」の欄にチェックを入れ、送信してください。
2.二胡スクール曽朴から「2008二胡フェスティバル入場整理券」取得用メールが届きます。
『PC 用 (印刷)』 と 『携帯用 (携帯に保存)』 の2種類のうち、ご都合の良いリンク先をクリックして、参照先に表示される 「入場整理券」 を印刷または保存して、当日会場にご持参ください。
受付でチケットに交換させていただきます。
※メールに記入されている整理券番号をご記入ください。携帯の方は覚えておいてください。
※整理券1枚(1画面)で一名様のみご入場いただけます。
→【入場整理券取得する】お問い合わせフォームへ
→「入場整理券」に関するQ&A
【主な曲目】
ハザク民謡「将軍令」  見上げてごらん夜の星を  蘇州夜曲  良宵
ボレロ  奇跡  賽馬 喜唱豊収など

2008年8月1日大阪に二胡専門店名師堂と二胡スクール

この夏8月1日に、、大阪二胡専門店名師堂と大阪SOBOKU二胡スクールをオープンいたします。
関西の方々に便利な、なんば駅から歩いてすぐの立地です。
今、ちゃくちゃくと準備を進めております。

大阪店は、ぐっと広く、広々とした所で、二胡をお選びいただけたり、練習していただけたりします。
関西の皆様に、どしどしご利用おまちしております。
大阪SOBOKU二胡スクール
http://www.nikoschool.com/osaka/index.html
高級二胡専門店名師堂 大阪店 2008年8月1日オープン
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2丁目4番9号 タカラビル2F
最寄り駅
●地下鉄御堂筋線千日前線四つ橋線「なんば」25号出入口より約210m 徒歩3分
●地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」7号出入口より約490m 徒歩6分
●地下鉄四つ橋線「四つ橋駅」5号出入口より約675m 徒歩8分
●なんばウォーク 26号出入口より約370m 徒歩4.5分
●近鉄「なんば駅」徒歩4分
高級二胡専門店名師堂・SOBOKU二胡スクールは2階です。

二胡奏者を加えて描いてもらいました

この宮殿楽俑図は、曽朴が中国で描いてもらったものです。昔、休宮廷に実際には二胡奏者は存在していませんでした。画家に、二胡奏者を入れてもらうよう特別に依頼しました。歴史とは異なりますが、二胡奏者である自分の心意気からです。bunner_blog

二胡の歴史

胡人の楽器「馬尾胡琴」から、現在の「二胡」へ
「二胡」は、中国語で“アルフー”と言います。日本では通称で“胡弓”と呼ばれたり、和楽器の胡弓と混同される事があるので注意しなければなりません。「二胡」は中国に伝わる擦弦楽器です。
中国の多くの文献によると、二胡は千年の歴史があると言われていますが、それは宋の時代の記録書『楽書』に渓琴という楽器が記されているためです。しかし、渓琴は二胡に似た楽器ではありますが、竹製であり、弓も竹で摩擦して音を出すので、二胡の原形としての位置づけに、私は反対です。

「二胡」はもともと中国の楽器ではないということが、二胡の「胡」の文字から見ると判ります。16世紀シルクロードを通して西域、中央アジアの各民族が中国中原地方に入り、中原の漢民族は異民族を総称して胡人と呼んでいました。この胡人の持っていた擦弦楽器を「胡琴」と呼んだのです。弓は馬の尾の毛を使っていたので、「馬尾胡琴」と呼ばれました。
現在でも「二胡」の事を「胡琴」と呼ぶ中国人がたくさんいます。この胡琴は人の声のような哀愁のある独特な音色で中原漢民族の人々に愛され中国の民間で途絶えることなく根づきました。おそらく日本の胡弓の原形は、その時代から日本に伝わったのではないだろうかと、私は考えています。
なぜ民間かというと、「胡琴」は中国宮殿音楽の楽器としては認められなかったためです。歴代のいろいろな帝王古墳の壁画や棺の周りには、楽器を演奏している姿の宮殿楽俑が彫られているのですが、その絵の中に二胡奏者の姿は存在しないのです。
しかしながら、明・清の時代になると「胡琴」は芝居、劇、曲芸、影絵、歌など、大衆芸能の伴奏として欠かせない楽器として活躍し始めました。需要が増すにつれ「馬尾胡琴」と呼ばれた「胡琴」は時代に合わせて進化しました。胴に貼る皮が、羊の皮から蛇の皮に変わり、牛の筋や羊の腸を使っていた弦もシルク弦に変化し、現在の形へと変わってきたのです。

曽朴

中国は本場なのに、なぜ、良い二胡を買えないのでしょうか?

二胡の本場はもちろん中国ですが、中国で二胡を求めて来た人たちからのクレームをよく聞きます。
デパートや楽器店で求められるのですが、それらの二胡はほとんど大量生産のお土産用に作られた二胡です。
職人が作る手作り二胡は工房で作られており、簡単には手に入りません。ほとんどオーダーで作られています。
どうしても入手したい場合は、プロ演奏家や二胡の先生に頼んで購入するのがベストです。
しかし、その場合CITESの書類の取得が必要であり、申請手続きなど難しく、すべてクリアーしなければならないので、相当なエネルギーが必要です。

二胡弱音器について曽朴の一言

実は中国では二胡の弱音器はありません。音を小さくする時は、鉛筆やクリップなどを使用しています。しかし、日本では戸外や公園での練習は、人目が気になってしにくいものです。そこで環境によって弱音器を求める方が多くいらっしゃることは、名師堂の主人としては嬉しいのですが、プロ奏者、二胡教師の自分としては、二胡の愛好家たちに、どうしても一言言わなければなりません。「弱音器は、出来るだけ使用しないほうが良いと思います。」
弱音器をつけたままでは、真の音を聴くことが出来ないため、自分の耳で、音色を聞き分け、いい音を出す感覚が養なわれません。また常に弱音器を装着していると、蛇皮に伝わる振動も少なく、弾き込んでいくうちに二胡が部品となじみ、変化して美しい音色が出せるようにもならないのです。
御近所に迷惑になる時間帯、場所でのみの使用にしてください。そうは言っても無理な場合は、どこで練習するのがいいのでしょうか?
実は、とてもいい場所があります。ズバリ、カラオケボックスです!お試し下さい。